トップ > うさぎの飼い方Q&A > 縄張行動 > 突然ベッドに糞をするようになりました
縄張行動

突然ベッドに糞をするようになりました

現在約3ヶ月ほどになるミニウサギを飼っています。生後1ヶ月ほどで頂いたうさぎなのですが、トイレをすぐに覚え、おしっこだけでなく糞もほとんどトイレでしてくれて助かっています。部屋に放し飼いにしても、粗相をしなくなったので自分が在宅しているときは放し飼いにすることが多く、最近はベッドの上にも上がってこられるようになりました。ベッドが気に入ったのか、私が寝ている横でいつも楽しそうに走ったり跳んだり、時には一緒にくつろいだりもするほどです。そしてある日、一緒にくつろいでいたらリラックスしたのか糞をいくつかしてしまっていました。その時は糞をすぐに片付け、一度ベッドから下ろしたのですが、次の日今度はベッドの壁側の方に糞だけをたくさんしていました。トイレにするほどの量です。それ以降、ベッドに上がると糞をしてしまうようになり、とても困っています。おしっこはまだしていないので、トイレとは思っていないのかもしれませんが、なぜ糞をしてしまうのか分かりません。ベッドの上を気に入っているようなので、本当は上げてあげたいのですが、どうしても気が引けてしまいます。本人は糞をしちゃダメだという意識が多少あるのか、食糞をして糞をこぼさないようにしているのですが追いついていません。(この子は放し飼いにしているときはトイレはケ-ジに戻らず、食糞で処理するのです。)どうにかやめさせたいのですが、どうすればよいのでしょうか。

お迎えした環境にも十分に慣れてきていて、また体の成長も重ねてきている時期です。うさちゃんも大人になるにつれて、行動が変化してくるようになります。もともと縄張り意識を持っている動物ですから、自分の存在の証をおしっこや糞などで主張する行動も見せます。思春期に入ってくることで、この縄張り行動が見られるようにもなるのですが、その段階に入ってきていると捉えていただけるのではないでしょうか。行動範囲が広いことで、その場その場に自分のにおいをつける様子などが見られることと思います。はじめはただ単に糞が出てしまったということがあったかもしれませんが、ここにも自分のにおいをつけなくちゃといった気持ちが生まれても不思議ではないのです。特に飼い主さんのにおいがする場所(ソファーやベッドなど)には、おしっこや糞をする傾向はあります。またただ単にトイレまで戻らなくても、この場でも出来ると捉えることで、その場をトイレの縄張りとして認識するようにもなります。その場所に行くことができて自由に過ごせるの場所になっているのですから、おしっこや糞をする様子も予測できる状況となるのではないでしょうか。この状況が続くことで、トイレの縄張りが変わり、ケージの外に出してもらえるまでトイレを我慢する様子を見せる子も少なくないですので、今の段階でしっかりと対応していただく必要があると思います。うさちゃんにはうさちゃん専用の縄張りを与えていただきながら、その中での縄張りの使い方を観察いただくことになるのです。放し飼いなど制限が少ない環境の場合は、成長を重ねていくことで、問題行動に発展するケースも少なくないですので、与えている環境自体を見直していただくよい時期なのかもしれません。どういった環境を与えてあげられるのか、どう過ごしたいのかということは飼い主さんごとで異なっていることでもあると思います。うさちゃんが見せる行動には、もちろんその子ごとの性格もありますが、与えられている環境が大きく関係していますので、今一度よくお考えいただきながら、こちらのお宅のルールを見つけていただくことになるようです。

しっぽで購入したうさぎさんについて

横浜店045-762-1232

恵比寿店03-5774-5443

洗足店03-5726-8670

柴又店03-6657-9524

吉祥寺店0422-26-6064

二子玉川店03-3700-3885

ヴィーナスフォート店03-6457-1209

海老名ビナウォーク店046-200-9910

グランベリーパーク店042-850-7041

通信販売で購入した商品などについて

TEL045-750-5474

E-mailonline@rabbittail.com

その他のお問い合わせについて

E-mailinfo@rabbittail.com

Copyright©2012 Rabbittail. All rights reserved.