トップ > うさぎの飼い方Q&A > うさぎの糞尿 > おしっこでお尻と足が濡れて毛が抜けている
うさぎの糞尿

おしっこでお尻と足が濡れて毛が抜けている

8ヶ月のロップイヤー(1.5kg女の子)を飼っています。水を一日に2L以上飲み、おしっこは15分に一回くらいします(大量に)。座っている状態のときもポタポタと尿漏れしていて、おしりと足が濡れて毛が抜けています。病院には何度も連れて行ったのですが、尿検査の結果は問題なし。飼育環境を見直してくださいとだけ言われ尿漏れする原因がわかっていません。三角トイレを撤去して金網すのこの下を全面的にトイレとして使ってもらうようにして、ペットシーツの上におがくずを2cmほど敷き、すのこからおがくずまでの距離は6cmくらい離れているので跳ね返りはありません。購入店に相談してみたのですが、ペットショップに居た頃はふわふわで真っ白なお尻だったので先天性の病気ではないと言われます。食欲はあり、牧草もペレットも良く食べます。体重の減少はありません。毎日お尻を拭いているとストレスが気になるし、かといって洗わないと尿焼けで真っ赤になってしまいます。何をどうしたらいいのか、お手上げです。

水を積極的に飲むうさぎさんですので、おのずと排泄さえるおしっこの量も増えていることだと思います。トイレの回数も増えることでもありますし、一度に見られるおしっこの量も多いことでしょう。ただ、問題にあげられているのが、座っている時にも尿漏れといえるような状況が見られているということです。病気などの疑いが考えられて漏れてしまっているのかということも、考えてあげることは必要なのだと思います。尿検査ではトラブルなどは見られていないようですが、腎機能などにもトラブルがないのかということも調べていただけていますでしょうか。多飲の症状で疑われる病気としては、慢性腎不全、糖尿病、肝不全などのほか、うっ滞や毛球症、粘液性腸疾患、腸性毒血症なども考えられるようです。体重の減少もなく、食欲も旺盛ということではありますが、もし詳しく調べていないという時には、再度獣医師にご相談いただくことで、明らかにできるものもあるのだと思います。そして三角トイレでは間に合わないおしっこの量なのだと思いますので、ケージの床材を金網タイプのすのこにして、ケージ全体でおしっこを受け止める環境はひとつの判断といえると思います。なおかつペットシーツとトイレ砂の合わせ技でよりよい環境を作っていらっしゃいます。おしっこの跳ね返りなども考えられない環境の中で過ごしていても、お尻や足がおしっこで濡れてしまうということは、排泄する際の状態に何らかの原因があるのではないかと考えられるようではあります。先天的な問題は考えられないということでも、今現在の成長した体で見られるようになった変化なども、もしかしたらあるのかもしれません。どういった理由が考えられるのかをひとつずつクリアしていただくことで、原因究明のヒントを見つけていただけるのではないでしょうか。また、年齢的に思春期ともいえるようです。縄張りを示すためにおしっこをしていることなどが考えられないか、縄張りを主張しなければいけない環境となっていないかということも探っていただくとよいと思います。そして飼育環境を見直してくださいというアドバイスをいただいているようですが、今現在の環境もお伝えいただきながら、さらに改善する部分があるのか、どうすると汚れにくい環境にしてあげられるのかということもアドバイスいただくとよいと思います。常に濡れてしまっている状況では、皮膚炎や脱毛の心配もあることだと思います。それでもおしっこで濡れたままでは衛生的にもよくありませんので、濡れタオルなどで拭いていただくことや、部分的に洗っていただいたあとにきれいに乾かしてあげてください。うさぎさんにとって抱き上げられることなどはストレスとなることでもありますが、それでもきれいにしてあげることが必要ですので、より短時間で済ませてあげられるように準備して取り組んでいただくとよいのだと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて

横浜店045-762-1232

恵比寿店03-5774-5443

洗足店03-5726-8670

柴又店03-6657-9524

吉祥寺店0422-26-6064

二子玉川店03-3700-3885

ヴィーナスフォート店03-6457-1209

海老名ビナウォーク店046-200-9910

通信販売で購入した商品などについて

TEL045-750-5474

E-mailonline@rabbittail.com

その他のお問い合わせについて

E-mailinfo@rabbittail.com

Copyright©2012 Rabbittail. All rights reserved.