トップ > うさぎの飼い方Q&A > 飼育方法 > 8年になるうさぎの症状
飼育方法

8年になるうさぎの症状

飼い始めて8年になるうさぎがいます。2か月くらい前に涙が出始めていつかは止まるだろうと思ってティッシュで拭いたりしてたのですが、なかなか治りません。涙は何か病気ですか?それと、年のせいか最近寝てる時間が多くなりました。ご飯・毛づくろいのとき以外はほとんど寝ています。私が物を落として大きな音がなっても、前までは音に気づき起きてたのですが、最近では寝たままです。しかも寝息のようないびきのようなものまでします。これは年のせいですか?心配です。

8歳さんということですので、高齢うさぎさんといえる年齢ですね。若いときとは違った体の変化なども訪れていることでもありますので、充分に注意深く観察していただくことが重要です。まず涙ですが、これは目や目から鼻に繋がる管、そして歯などにトラブルが生じている場合にも見られる症状です。涙は病気のサインとも捉えていただける重要な症状ですので、何が原因で見られているのかということを、きちんと明らかにしていただくことが必要なのだと思います。かかりつけの獣医師にしっかり診ていただきましょう。また、飼育環境に涙の原因となるものなどがないか、こちらも確認していただくことも大切です。牧草やペレットの粉などが悪さをしていないか、トイレ周りなども衛生的かどうかということを確かめていただくことが必要です。換毛期などであれば、より衛生面に気を使っていただくことも大切です。抜けた毛におしっこなどがついてそのまま残っている状態ですと、おしっこが乾いた時に毛が舞ってしまうこともありますからね。そして、年齢が進むことで、見せる行動にも変化が見られます。反応が鈍くなるということであったり、ゆったり休息している時間が長くなるということなどもそうなのです。年齢に合った生活スタイルがあることでもありますので、穏やかに過ごしてもらえるように環境を整えていただきたいと思います。ただし、老化によって見せている姿なのか、具合が悪くてみせている状態なのかということの違いを認識できるよう、普段の過ごし方をしっかり見ていてあげることが必要なのだと思います。普段と違う様子が見られた時には、そのことがサインとなりますからね。まだまだ寒い季節ですから、急に体調を崩してしまう時も見られるのかもしれません。そんな時には今までとは違うというサインをうさぎさんは私たちに見せてくれます。そのサインを見逃さずにいられるよう、うさぎさんを見ていていただきたいと思います。そして、高齢になったらより獣医師に診ていただける機会を作りましょう。飼い主さんだけではなく、診ていただく獣医師にも、普段のうさぎさんの状態を知っていただくことは、とても大切なことなのだと思いますよ。そして、寝息が聞こえるということですが、それがいびきといえるほどであれば、呼吸器官に心配がないかという点が考えられることではあると思います。体重が多いなどで呼吸に障害が起きているようなことが考えられれば、すぐにでも獣医師に診ていただくことがよいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて

横浜店045-762-1232

恵比寿店03-5774-5443

洗足店03-5726-8670

柴又店03-6657-9524

吉祥寺店0422-26-6064

二子玉川店03-3700-3885

ヴィーナスフォート店03-6457-1209

海老名ビナウォーク店046-200-9910

グランベリーパーク店042-850-7041

レイクタウン店048-940-8346

通信販売で購入した商品などについて

TEL045-750-5474

E-mailonline@rabbittail.com

その他のお問い合わせについて

E-mailinfo@rabbittail.com

Copyright©2012 Rabbittail. All rights reserved.