• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 高齢うさぎ > 高齢うさぎのケージの買い替えについて
高齢うさぎ

高齢うさぎのケージの買い替えについて

10歳を超え、ペレットや牧草は困ることなくどの種類をあげても食べてくれて食欲も旺盛なので、まだまだ元気でいてくれそうです。ケ-ジを替えずに使っていて少し錆が気になることもあり買い替えを検討しています。足が弱くなっていてときどき転んでしまったり、顔を洗うと後ろに倒れたりすることがあります。歩くのは大丈夫ですが走り回ることはできないです。 おしっこはトイレ以外でしたり、寝たまましてしまうこともあります。部屋んぽではしないので、ケ-ジに戻ってする意識はあるようです。コンフォ-ト80を使っているのですが、小さいものにするか、同じものにして同じレイアウトにするかを悩んでいます。床の素材も金網より優しい素材がいいのかも迷っております。トイレは落ち着く場所でもあるようなので、そのまま設置しようと思っています。

10歳を超えても牧草もしっかりと食べてくれる食欲旺盛なうさちゃんですので、まだまだ更なるご長寿さんを目指して元気に過ごしてくれるのではないでしょうか。ケージの買い替えを検討されていますので、うさちゃんの日々の過ごし方や性格なども考慮しながらご判断いただくことになるようです。足腰なども若いころとは違っている様子があることで、ケージへの出入りなどもスムーズではなくなっていることがあると思います。スロープなどを用いて段差をなくしながら使いやすい環境を与えていただくこともあります。トイレの段差も同様にいえると思います。こちらのうさちゃんはトイレ以外も使うようですが、ケージ自体に縄張りを持っているようですので、専用の場所があることでの安心感などもあるのかもしれません。縄張り意識がある場合には、これまで通りの環境で、ケージも同じサイズでレイアウトも同じにすることで戸惑うことが少なく安心してもらえることが予測できるようではないでしょうか。ケージの床材についても、トイレ以外でのおしっこがある場合には、体が汚れにくい環境を作ることも大事です。金属製のすのこによって、おしっこや糞がすのこ下に落ちやすく体が汚れにくい環境を与えてあげられると思います。ただ、部分的に素材の違う場所があることで、うさちゃんがその時過ごしたい場所を選ぶこともできますので、様子を観察しながらいろいろ試していただくこともできると思います。うさちゃんが高齢になり過ごし方が変わることで、ケージを撤去してサークルやフリーの環境を与える飼い主さんもいます。まだまだ元気な様子があっても少しずつ行動に変化が出てきていますので、今後の行動の変化なども予測しながら新しい環境を考えてみることもひとつの方法となると思います。今の段階で新しい環境を受け入れてくれるようであれば、この先大きく環境を変えずに過ごしてもらえることにもなると思いますので、改めてうさちゃんの性格と過ごし方を見て最善な環境を見つけていただくことになるようです。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

  • 幕張新都心店043-441-7307

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ