• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 高齢うさぎ > 引っ越し後の行動の変化
高齢うさぎ

引っ越し後の行動の変化

今年10歳になるロップイヤ-の男の子を飼っています。今まで実家で飼っていたのですが、家の事情で私の一人暮らしの家に連れて来ることになりました。連れてきてから2週間経ち、小屋の前に滑らないマットを敷いたりしているのですが、なかなか小屋から出てきません。実家では常にケ-ジを開けていて、自由に出入りできるようにしていて、ケ-ジの外で過ごしている方が多かったです。うさぎも高齢ということもあり段差が低いケ-ジに替えたりトイレも新しいのにしたのですが、そのせいもあるのでしょうか。ご飯や水はしっかり摂取できていて、うんちも出ています。小屋の中では寝転んでいたりお気に入りのぬいぐるみで遊んでいたりします。ただ高齢で運動量が減っただけなのか、ずっと新しい部屋に緊張しているのか心配です。まだ緊張しているならどうしてあげれば良いでしょうか。また、高齢だから出なくなったとしたら運動量は足りているのでしょうか。

引っ越しによって環境が変わっていますので、うさちゃんの過ごす様子にも変化が見られることは予測できる部分もあると思います。またこちらのうさちゃんは10歳を迎えようとしていますので、環境の変化を十分に受け入れるまでに時間がかかることもあるのかもしれません。ケージの前に滑らないマットを敷いているということですが、その環境が引っ越し後の新しく与えた環境ということであれば、認識するまで時間が必要ということもあると思います。段差の低いケージに替えたということやトイレなども新しいものに替えたという環境の変化もあります。もしかしたらこういった変化が、今までとは違うぞとうさちゃんが察知していて、見られる行動に関係していることもあるのかもしれません。ただし新しいケージの中でも大変リラックスしている様子も見られているようですので、警戒して緊張が続いているという印象はあまり感じられないようですから、うさちゃんが過ごすケージやケージ周りの環境がこれまでとどう違っているのかという点を改めて振り返ってみてください。運動量については、積極的にケージの外へと出る機会がなくなっていれば、今後筋力の低下へと繋がることも考えられますので、飼い主さんがケージの外へ出してあげることでもよいのです。部屋んぽの様子も観察いただいて、自分からケージへと戻るようならばケージの中が落ち着く場所となっていると解釈できると思います。またケージへと戻ることができれば、そこから出ることもできると覚えてくれることにも繋がりますので、うさちゃんの様子を引き続き観察してみてください。環境が変わったことでうさちゃんの縄張りも変化していると思います。ケージの外がまだ自分の縄張りだと認識していないことも考えられますので、うさちゃんのペースに合わせて時間をかけて環境を整えていただくことになるようです。もしケージの中のほうが居心地がよい様子を見せるならば、ケージの中で遊んだり運動できる環境になるように、お気に入りのぬいぐるみの他にも気に入ってくれるようなおもちゃを見つけて与えてみていただくこともよいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

  • 幕張新都心店043-441-7307

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ