• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 縄張行動 > トイレの使い方が変わった
縄張行動

トイレの使い方が変わった

1歳2ヶ月のネザ-ランドドワ-フの男の子を飼っています。7ヶ月位まではムラはありましたが、ケ-ジの中ではだいたいトイレでおしっことうんちをしてくれていたのですが、それ以降だんだんトイレでしなくなり、うんちは必ずトイレ以外、おしっこだけトイレという状態になり、1歳になった現在では全てトイレ以外で用を足すようになってしまいました。そして、わざと我慢してるのかな?と思う程、部屋んぽ中にあちこちでおしっこをしてしまいます。部屋の隅でおしっこをし、足でおしっこを蹴り飛ばして走っていくので床や壁にオシッコが飛び散り、少し困っています。ジャンプしながらでは無いので、スプレ-行為とはまた意味が違うのでしょうか?去勢手術も考えているのですが、この場合でも効果はあるでしょうか??

1歳を過ぎたうさちゃんですので、縄張りや自分の存在の主張の行動なども見られて不思議ではない年齢です。うさちゃんその子その子で個体差がありますので、もっと早くに主張するようになったり、逆に全く問題行動が見られないなど本当に様々な状況があると考えられます。今回の場合は大人の仲間入りをした時期からトイレの使い方に変化がおきています。トイレの場所は認識しているものの、うさちゃんなりの考え方があるような使い方が見られています。今現在はトイレ以外で見せるようですので、うさちゃんがトイレをどう捉えているのかを改めて観察いただくことも大事なようです。ケージの中で過ごしている時にトイレをどう使っているのか、また排泄する場所が決まっているのか確認してみてください。ケージの外の場合で部屋の隅を使うことが多いのであれば、その場所をトイレの場所と認識してきている可能性もあると思います。もしケージの中でおしっこをせずに外に出るまで我慢しているようならば、ケージの外にトイレの縄張りを決めつつあると捉えられると思います。ジャンプしながらではなくとも、おしっこを床や壁へ飛び散らせるということは、においつけの行動としてみせているようではないでしょうか。汚れてしまうことが飼い主さんにとってのストレスとなりますので、うさちゃんの行動範囲を制限しながら見られる行動に変化がおきないかを観察いただくことになるようです。去勢手術も考えていらっしゃるとのことですが、術後の行動の変化にも個体差があります。去勢手術によって生殖器系の病気を防ぐことができます。スプレー行為や攻撃性、人に対する交尾行動なども減るとはいわれていますが、すべてのうさちゃんからこれらの問題行動がなくなるということではありません。見られている行動が習慣化しているような場合は、行動の変化があまり見られない場合もあるようなのです。うさちゃんに与える環境を見直していただきながら担当の獣医師にも状況をお伝えして、こちらのうさちゃんに合った環境作りのアドバイスもいただけるようにご相談されることがよいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ