• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 病気 > 軟便と痙攣やひきつけのような症状
病気

軟便と痙攣やひきつけのような症状

お世話になっております。もうすぐ2歳になるネザ-の男の子(去勢済)ですが、午前中に軟便になる時があります。毎日牧草とペレットを食べた後、乳酸菌を3つ程、刈りたてオ-ツヘイ(緑色)少し、たまに乾燥パインのおやつ少しを与えていますが、これらを毎日与えているのが原因なのか温度差なのか、わからないですが殆どがすぐに止まります。長い時は脱水症状が怖いので病院に行くようにしています。それから、3月から急に夜6時過ぎくらいに何度か痙攣ひきつけを起こすようになりました。寝ながら毛繕いをしていて、急に首を後ろに回して白目を剥いて、硬直したように痙攣を起こします。眼振はなく、ロ-リングのような行動もありません。すぐに抱き上げて名前を呼びながら体をさするのですが、10秒ほどで意識が戻って普通になります。たまたま、そばにいる時ばかりかわかりませんがいない時になったら…と思うと怖いです。そういう体質なのかわかりませんが、検査もストレスになるので病院には連れていきたくないです。見守るしかないでしょうか。性格は、すごいビビりで神経質ですが気は強いです。アドバイスを宜しくお願いします。

通常は不安のないコロコロの糞が見られている中でも、いつも同じ時間帯などに軟便が見られる場合には、食べている食事の内容や量、食事の取り方、そして取り巻いている環境なども振り返ってみていただきたいと思います。コロコロの糞も見られることは、軟便が一時的な症状ですので、うさちゃんのお腹の消化管の働きの影響が見られていることも考えられると思います。病気の可能性があるのか、それとも体質などの問題なのかを一度きちんと獣医師に診ていただきながら、その結果に合わせて対応していただくことが大事です。症状が長く見られる時には病院で診ていただくようですが、その際にどういった診断をいただいているのか、一時的な症状とそうでない時の違いがあるのかなど、より詳しく相談していただくことがよいようです。病気ではないということならば安心して過ごせますし、その場合でも食事内容などがこちらのうさちゃんに適しているのか、与えている環境なども合わせて報告しながら、具体的なアドバイスをいただけるようにご相談ください。そして痙攣やひきつけの症状が見られていますのでやはり慎重に受け止めていただくことが重要です。通院して検査を行うことは確かにストレスとなりますが、異変に対して初期の段階で対応できることで、症状に合わせた治療が開始できますから症状の軽減につながることになります。通院のストレスが心配であれば担当の獣医師にまずはお電話からでのご相談でもよいと思いますので、診ていただく必要があるのではないかをご相談いただきたいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ