トップ > うさぎの飼い方Q&A > 飼育方法 > ソアホックと牧草嫌い
飼育方法

ソアホックと牧草嫌い

お世話になります。ソアホックと診断され、抗生剤のシロップを与えています。足にはバナズ-バウケアクリ-ムを塗っています。チカラのちからがよいとネットで見たので、本日購入させていただきました。肥満気味で腸便が食べられていないということで、牧草を与えるように言われました。オシリが汚れているので金網もすすめられましたが、ソアホックにはよくないのではないか不安です。牧草は主人がこちらでイタリアンとティモシ-を購入させて頂き、与えているのですが、1本ずつ与えると少し食べる程度で、なかなか食べてくれません。ソアホックと牧草嫌いの治しかたをアドバイスして頂きたいのでよろしくお願いいたします。

ソアホックと診断されたとのことですので、理由として考えられる点をひとつずつ改善できるように環境を整えていただくことになると思います。肥満気味ということですので、体重管理も必要になってくるようです。またお尻の汚れも見られているようですから、ケージ内の床材の見直しもよいことだと思います。金属製のすのこは、クッション性のあるものであれば、足裏に悪いということはないと思います。おしっこや糞ですのこが汚れている状況で過ごすことのほうが不衛生ですし、足裏の健康状態にも影響があると思います。お使いのケージによっては金属製のすのこが取り入れられない場合もあるかもしれませんが、その場合はケージ自体を見直していただくこともよい機会なのかもしれません。盲腸糞がお尻に付きやすくとも、トイレが一定である場合には、金属製のすのこに、部分的に木製やプラスチック製のすのこを取り入れていただくことでも、違う素材に触れることになりますので、足裏にとってさらによい環境になると思います。足裏もケアしていただきながら、十分な牧草を取り込んでもらえるようですと、症状の軽減や体重にも変化が見られるようになると思います。牧草も直接与えてあげることで、興味を示してくれるようですから、褒めてあげながら、コミュニケーションを取りながら、食べさせてあげていただきたいと思います。美味しさを知ってもらうことで、食べ方にも変化が見られるようになると思います。与え方なども食べやすい状況を作ってあげているのか、牧草入れの設置の場所や高さなどもうさちゃん目線で観察いただきながら、こちらのうさちゃんに合う環境を見つけてあげていただきたいと思います。そして、牧草嫌いとありますが、牧草以外に与えている食事の内容を振り返っていただきたいと思います。ペレットやご褒美、おやつを与えすぎていないかという点を確認いただきたいと思います。牧草へ興味を示してくれないという時、牧草を食べずとも満足していることが多い傾向に実はあるのです。近年のうさぎ事情では、適正体重の1.5%が一日のペレット量として紹介されてきておりますので、こちらもご確認いただきたいと思います。またペレットの内容についても、年齢や体重の状態に合わせて見直していただける場合もありますので、こちらも是非ご確認いただきたいと思います。こちらのうさちゃんのベストな体重がどの程度であるのか、骨格や肉付きなどからある程度その体重が見えてきますので、指標となる体重をかかりつけの獣医師にアドバイスいただくことがよいと思います。与えている食事の内容や過ごしている環境もご説明いただくことで、どこをどう見直すとよいのかという点もアドバイスいただけると思います。実際のうさちゃんを診てくださっている方ですので、より的確なご意見をいただけると思いますので、是非ご相談いただきたいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ