トップ > うさぎの飼い方Q&A > 飼育方法 > 過ごし方の変化について
飼育方法

過ごし方の変化について

5歳7ヶ月のネザ-ランドドワ-フの女の子を飼っています。いつも仕事から戻ると1時間以上はケ-ジから出して部屋の中で遊ばせています。以前は部屋の中を駆け回っていたのですが、少し前から運動量が減り部屋の一部でしか遊ばなくなってしまいました。また1月程前からケ-ジから外に出すと、部屋の床でおしっこをするようになってしまいました。トイレもしっかり覚えていたので今までこういうことはなかったので心配をしております。ここのところはほぼ毎日部屋の床でおしっこをしております。これは年齢的なものでしょうか?また対策などありましたら教えていただけますと幸いです。(一部中略)

5歳を過ぎたうさちゃんの変化ですので、取り巻いている環境の変化などのほか、年齢的なことなども関係していることは考えられると思います。運動量が減ってきている様子が、いつ頃から見られているのかという点も振り返っていただくことができると思います。暑さを感じるようになってきた時期であれば、気候の変化などによって見られている可能性も考えられるようではないでしょうか。また部屋の一部だけで遊ぶ理由に、室内の環境が変わったことなどがないかということも振り返っていただけると思います。よく使う一部の環境が他とは違う環境などがあれば、そのことが理由となっていることも考えられると思いますので、より観察いただきたいと思います。また、運動量が減るという状況が、遊ぶ範囲が狭くなっただけで過ごし方は変わらないのか、それとも遊び方に違いがあるのかということも観察いただきたいと思います。走ったりジャンプしたり、歩いたりということに対してもこれまでとの違いがある時には、体の不調などが隠れていないかということを探っていただくことも大事です。食欲や体重の変化、排泄物の状態なども合わせて確認いただきながら、不安があるときにはかかりつけの獣医師に診ていただくことも必要になってくると思います。そして、部屋んぽの際にトイレを使わない様子が見られています。ひと月前ほどからの変化のようですが、その前後に環境の変化などがなかったかを振り返っていただくことでも、うさちゃんの気持ちを探っていただけると思います。繰り返されて見られている状況になっていますので、すでにケージの外でのおしっこが習慣となってきている可能性もあります。いつも同じ場所で見せているのか、それとも場所は様々なのか、ケージから放してからどのぐらいで見せている様子なのか、ケージのトイレは普段は使っているのかということなど、より深く観察いただきたいと思います。それぞれの行動を見ていくことで、うさちゃんの言葉を探っていただけると思います。ケージの外にトイレの縄張りを持ってしまっている可能性もあると思いますので、ケージとは別に外にもトイレの場所を作っていただくこともできると思います。ただ、その場合、ケージの中ではなく部屋んぽできる環境全体に縄張りを持つことにもなり、ケージのトイレを使わなくなる場合もありますので、注意は必要です。お留守番の時間が長くなるような環境の場合は、あくまでもケージがうさちゃんの縄張りであることを理解してもらう必要がでてきます。この場合は、部屋んぽの際にもうさちゃん専用の縄張りをサークルなどで仕切った環境を与えていただきながら、ケージへと出入りしやすい環境でうさちゃんの様子を観察いただきたいと思います。また時間も短くして、一日一回ではなく数回遊ぶことができる環境を与えていただくことでも、これまでとは環境が変わりますので、うさちゃんの反応にも違いが見られてくることも考えられると思います。与える環境は本当にご家庭ごとで異なってきます。飼い主さんの生活リズムに合わせて、できる対応でうさちゃんの反応を見ていただきながら、それぞれのお宅ごとの飼育環境を見つけていただきたいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ