トップ > うさぎの飼い方Q&A > 飼育方法 > 噛む行為について
飼育方法

噛む行為について

初めまして。最近ウサギを飼い始めたものです。お迎えしてから10日目、生後3か月くらいです。ケ-ジの中で足を延ばしてくつろぐ様子が見られるなど、そろそろ環境にも慣れてきたところかと思いますが、まだ撫でたり抱っこは嫌がりできません。今日、私が餌入れが空だったため餌を補充しようと近づいたらソワソワとケ-ジ内を駆け回り、いざ餌を持ち手を餌入れに近づけたら、噛まれました。出血はありませんが、鋭い痛みと歯形が少し残りました。これは「おなかがすいた!早く!」という気持ちの表れなのか敵意の表れなのか初心者の為分かりません。ウサギさんに恐怖心や敵意、嫌われているということでないといいのですが…。

お迎えしてまだ間もないですので、うさちゃんにとってもどんな場所に来たのだろう、どんな飼い主さんなのだろうと、周囲を観察している時期でもあると思います。うさちゃんそれぞれでの性格の違いからも、見られる行動は違っていますので、うさちゃんのことを知っていただくこともこの時期はとても大事なことなのです。ケージの中でリラックスする様子なども見られてきていますので、安心して過ごすことができる場所、自分の居場所だと認識してきているようです。今回の場合、フードを入れるために近づくことでソワソワしているということは、待ってました!早くちょうだいという気持ちとも読み取ることができると思います。フードを与えた後に勢いよく食べ始める様子などが見られているならば、こちらの解釈ができると思います。また、ケージの中が自分の縄張りだと強く認識してきている場合には、その中に入らないでという意味合いで見せる場合もあります。恐怖心や敵意などということよりも、自分の縄張りを守ろうという本能による反応の場合もあります。うさちゃんを取り巻く環境全体と、見せる行動の前後の様子までも合わせて観察いただくことで、うさちゃんの行動の意味を探っていただけるようになります。是非これからも今まで以上によく観察いただきたいと思います。フードを与える時は、優しく声を掛けながら接していただくことでも、驚かせないでうさちゃんにも心の準備を与えてあげられると思います。またケージ越しで、牧草などご褒美を与えてみるなどでも、飼い主さんの手に対してよいイメージを持たせてあげられます。また、リラックスしている時など、ケージ越しに撫でてあげられる場面がある時には、チャレンジしてみていただくこともよいと思います。撫でられるというコミュニケーションを覚えてくれることで、今後の行動にもまた変化が見られるようになると思います。いずれにしても、まだうさちゃんとの生活がスタートしたばかりです。これからひとつずつこちらのお宅のルールが決まってくると思いますので、うさちゃんのペースも感じていただきながら接していただきたいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ