• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 病気 > フードを食べない
病気

フードを食べない

初めて質問させていただきます、よろしくお願いします。5月25日に近所のホ-ムセンタ-にて2カ月のホ-ランドロップイヤ-の女の子をお迎えしました。1日目はホ-ムセンタ-で食べていたペレット&牧草をあげたのですが、半分も食べてくれませんでした。その時は「環境の変化によるものかな?」と思い、様子を見ました。2日目、朝はあげた量をしっかり食べてくれたのですが、夜のご飯はペレットは全く手を着けず、牧草を少しだけ食べました。初日との変化の違いは、2日目は33度を越える暑さだったのでエアコンを着け、室内を26度にしていました。様子の変化はうさぎがリラックスしているときの「足を延ばしてくつろいでいる状態」ではなく、「体を横にしている状態」が多くみうけられました。調べてみたら「暑いときにする行動」とありましたが26度でも高すぎたのでしょうか?それと、水はしっかり飲み、オシッコ、うんちはしていたのですが、2日の夕方からうんちが固まって3センチくらい繋がって出てきました。もちろん、お迎えしたばかりなので過度の干渉や音などにも気を配っていました。「ウサギは24時間食事をとらないと命に関わる」と言いますが、現時点で獣医に看てもらったほうがいいのでしょうか?とても心配です、アドバイスお願いします。

急な気温の変化に加えて、新しい環境を体験していることでもありますので、普段通りではない様子なども見られる可能性は十分に考えられます。フードを食べない様子が続くようですと、腸内環境の働きも鈍ってしまいますので、更なる症状などが見られることもあります。牧草を食べてくれている様子がありますが、少しの量ということですとやはり心配な状況といえると思います。飼育環境としては、室温が15℃位から25℃、26℃位までが許容範囲とされています。繁殖時や病気の時などは23℃位に保つ事がよりよいようで、湿度は常に40~60%が理想といえます。この計測も、うさぎさんが過ごすケージ周りで行っていただくことが必要になりますので、改めて室温と湿度についてもご確認いただきたいと思います。お迎え前の環境と大きく違っているような場合は、うさちゃんにとってもその変化に対応しきれていない状況などとも捉えられると思います。これからの季節はエアコンなども上手に利用しながら、うさちゃんが快適に過ごすことができる環境を作っていただくことも必要になります。そして、食事の与え方や食事内容そのものなども、振り返っていただくこともできると思います。体調の問題ではなく、食べにくい環境になっていないかということも探っていただけるのではないでしょうか。環境の見直しも行っていただきながら、まだ回復の様子が見られない、不安があるという時には、獣医師にご相談いただき、直接診ていただくことが一番です。ぐったりしているような様子がある時、熱中症の疑いなども考えられますので、よりご注意いただきたいと思います。まずはお電話からお問合せいただくことでもよいと思いますので、取り込んでいる食事の量や水分の量や、そして排泄物の状態やこれまでの経過を改めて見てお伝えいただきながらご相談ください。また通院の際は暑さ対策もしっかりと取り入れてお出かけいただきたいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ