• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 高齢うさぎ > 警戒されている
高齢うさぎ

警戒されている

9ヶ月目 アメリカンファジ- ♀ 家にお迎えして、5ヶ月目、未避妊手術。4月末から急に甘え始めて、甘えたくて鳴きはじめ手や足に顎すりをしたり、ぺろぺろ舐めたりと甘えん坊さんに変わったのに、GW中に嫌いなグル-ミングをしたら、警戒されて1週間くらいケ-ジから出てこなくなりました。その後はやっと部屋んぽも出来るくらい外にで始めましたが、4月の時のような甘えん坊な態度はもうとってくれません。そして、つい先日、定期検診の病院に連れていく時、その日は抱っこを嫌がっていたのですが病院に連れていきました。病院が終わり家に着いた途端、またケ-ジから出てこなくなり、4日が経ちました。顔も少し怒っている様な表情で、頭は撫でられても平気そうですが、体は触ると逃げます。ケ-ジの外に出ますが、以前のように走り回ってジャンプをすることも無くなり、外で撫でるとすぐケ-ジに逃げます。なので、ケ-ジの中で撫でたりをしていたら、思いっきり腕を噛まれました。血は出てなかったので本気噛みでわないと思うのですがミミズ腫れ見みたくなってしまいました。その後もすぐ、手を噛まれましたが、甘噛みのように歯を当てる程度のかんじでした。嫌がる事はもうしたくないのですが、グル-ミングや定期検診は行わないといけないと思います。うさぎさんのために、今後どのように接してあげればよいのでしょうか?

うさちゃんも大人へと成長を遂げている時期ですし、思春期なども向かえていても不思議ではない年齢ですから、自分が感じている気持ちを行動で示している様子ともいえると思います。甘えてくる行動ももちろんそうですが、ケージから出ない、怒る、すねるなどの行動も同様です。うさちゃんのその時々の気持ちを感じていただくことも大事ですが、今後は必要な抱っこやグルーミングには付き合ってもらうことも覚えてもらうことになると思います。うさちゃんにとって苦手なことであることを理解しながら、必要最低限で済ませられるように行動していただくこともポイントです。今は警戒心が強くなっていることも考えられますので、撫でることなども少し様子を見ていただくほうがよいのかもしれません。飼い主さんの手に対して、抱っこやグルーミングなどのイメージを持っていることも考えられます。噛む行為がたとえ甘噛みだったとしても、そのことが繰り返されることで噛む行為が習慣などになってしまうと、甘噛みから本気で噛む様子なども見られてくることも考えられます。そうならないように、うさちゃんへの接し方に、少し距離を取っていただくなどの見直しは大事なことだと思います。直接ではなくケージ越しで一緒の時間を過ごしたり、ケージ越しで牧草やご褒美などを与えてみるなどしていただくこともできるのです。年齢を重ねることや、与えられている環境によっても、見られる行動は本当に変化してきます。変化はうさちゃんの成長といえる部分もあると思いますので、うさちゃんを取り巻いている環境全体なども見ていただきながら、行動の意味を探っていただくようになると思います。そして、グルーミングについては、定期的に行うことも必要ですから、普段過ごしていない場所をグルーミング場所として選んでいただくこともよいことです。自分の縄張り以外の場所に気が向く傾向がありますので、行動や反応が変わってくることも少なくないのです。短時間で終えられるように、準備をしっかり整えてからうさちゃんを移動させたり、手順などをぬいぐるみなどを使ってシミュレーションしておくこともよいと思います。グルーミングや通院などの苦手なことを終えた後には、うさちゃんは嫌だったという気持ちを行動で示してくることも予測していただけると思いますので、その時はゆったりと過ごしてもらう環境を与えていただきながら、体調に変化などが見られたりしないかを観察いただくことになると思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ