• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 高齢うさぎ > なんとなく元気がない
高齢うさぎ

なんとなく元気がない

もうすぐで生後6ヶ月になるオスです。一日前ぐらいからおしっこの量が減り、うんちもいつもよりも水っけがなくパッサパサで小さいです。ケ-ジ内でも怖い顔をしてまるまっていることが多く(特に朝)、パレットも確実にいつもより食べてないです。しかし、外に出してあげると元気に走り回ります。夜もペレットをつついてみたり、チモシ-を少しかじってみたり落ち着きがない様子です。先日発情期とみられる行動があり、発情期もしくは換毛期とこの症状は関係あるのでしょうか。それとも何か体調不良を訴えているのでしょうか。

うさちゃんの様子に変化があるようですので、その原因がどこからきているのか、環境の変化などが影響していないかという点も観察いただきたいと思います。食欲が少なくなっていることからも、排泄物に変化は見られるようになります。実際に食べている量がどの程度減っているのか、飲み水の量などにも変化が見られていないかを改めて確認いただくことも大事だと思います。また飼育環境などにも目を向けていただきたいと思います。寒さなどを感じていないか、ほかにストレスとなるようなことがないかを確認いただきたいと思います。初めての冬を過ごすことになるようですから、こちらのうさちゃんが過ごしやすい環境も見つけていただくことになるようです。室温や湿度も計測いただきながら、ケージの中での過ごし方を観察していただきます。寒い時には暖をとることができる場所、そうではなく過ごせる場所をケージの中に作ってあげながら、うさちゃんの行動を観察していただくことで、うさちゃんの好みの環境も見えてくると思います。また、発情期と見られる行動もあるようです。お年頃の年齢ですから、そういった行動が見られても不思議ではありません。発情によって落ち着かないなど行動に変化があることでも、うさちゃんの中での様々なサイクルなどが変化することもあるでしょうから、そうなれば症状などに見られることも十分に考えられると思います。また換毛期などでも、体調や過ごし方などに変化が見られることもありますので、慎重に観察いただくことは重要です。特に換毛期の場合は、糞に変化が見られることも多いですので、牧草をたっぷり食べてもらえる環境と、水分も積極的に取り込むことができる環境をしっかり与えていただきながら、体重の変化なども合わせて観察いただいて、不安がある時には獣医師に診ていただくほうが安心できると思います。うさちゃんは具合の悪いことを上手に隠す動物ですので、症状として見られているときにはそれ相応の状況にあるとも捉えられるのです。その状況が数日続いてしまうことは、うさちゃんにとってはとても大きな変化でもありますので、診ていただくタイミングを見誤らないようにご注意いただきたいと思います。まだ不安な症状が続いている場合は、専門家にきちんと診ていただくことがよいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ