• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 寒さ対策 > 冬の暖房対策
寒さ対策

冬の暖房対策

初めてメ-ルさせていただきます。今年の10月に生後4カ月のメスのミニウサギを飼い始めました。初めての冬、しかも寒い長野県の古い家なので寒さ対策に困っています。最初はスト-ブを寝る時以外一日つけていましたが、廊下にケ-ジを置いているので室温が13度くらいで今月は10度くらいにさがってしまいました。廊下をカ-テンでケ-ジを囲うようにつけ部屋のように区切り、ケ-ジの下にコルクマットとお風呂の上にかぶせる断熱シ-トをひいて、さらにマイカヒ-タ-を購入して様子をみたのですが、初雪の日さすがに人間でも寒かったので、ケ-ジの前にスト-ブをつけたら近くによってきて丸くなっていました。やっぱりマイカヒ-タ-だけではダメなのでしょうか?スト-ブも併用しなくてはいけないですか?

マイカヒーターは火力を使わず遠赤外線の効果で暖めてくれる寒さ対策用品です。体内に流れる水分に反応して体温を上げてくれます。体の表面を温めるのではないですから体の芯から温まりますし、ケージ内に設置するパネルヒーターと違ってケージのどこにいても暖かさを感じてもらえます。ただしやはり室温の管理も重要になってきます。うさぎさんにあった飼育環境の温度は、15℃位から25℃、26℃位までが許容範囲とされています。繁殖時や病気の時などは23℃位に保つ事がよりよいようで、湿度は常に40~60%が理想といえます。この計測も、うさぎさんが過ごすケージ周りで行っていただくことが必要になります。それぞれのお宅ごと、また地域ごとでもこの環境が変わってくると思います。またケージの置き場所によっても、まったくことなった環境になると思います。廊下は暖かさを保つにはとても厳しい環境があると思います。マンションなどの気密性のある環境ならばまた話は変わってきますが、そうではないようですので、環境を改めて考えていただくことは大事なようです。カーテンでケージを囲う様子や、ケージの下にコルクマットやシートを取り入れていただいていますので、この中での気温が今後どう変化していくのかがポイントとなると思います。そしてケージ前でストーブをつけた際に近寄って暖をとっている様子も見られていますので、うさぎさんにとってストーブからの暖かさが心地よかったという率直な感想という行動ではないでしょうか。それぞれうさぎさんごとで快適と思う環境に差があることもあります。暑さに特に弱い、寒さが苦手などという個性などがあっても不思議ではありませんので、こちらのうさぎさんにあった環境を見つけていただきたいと思います。ケージまわりに暖房器具をさらに取り入れていただくことや、ケージの置き場所自体を見直してみていただく対応が必要になる場合があるのではないでしょうか。そしてストーブやエアコンなどの暖房器具も使用する場合には、温度だけではなく湿度についてもよく観察いただくことも重要です。飲み水もしっかり与えていただくことや、牧草もいつでも食べられる環境、寒さで丸まってばかりではなく、運動できる環境もとても大切ですので、ひとつずつどう対応できるのかを改めて確認いただきたいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ