トップ > うさぎの飼い方Q&A > 他の動物との生活 > おしっこの失敗とストレス
他の動物との生活

おしっこの失敗とストレス

現在、1才半のミニウサギ(男の子)と暮らしています。色々あって猫を引き取ることになり9月からウサギと猫と一緒に暮らしています。家にきた当時、猫はまだ生後1ヶ月の子猫です。猫が初めて家に来たときは、ウサギさんがビックリしてケ-ジの中を走り回ってパニック状態だったのですが、少ししたらすぐに落ち着いてくれました。現在の住環境は、2Kのアパ-ト暮らしで私は独身です。ウサギさんと猫とのケ-ジはそれぞれ別の部屋に置いています。ウサギさんのへやんぽ中は猫はケ-ジに入れてウサギさんに害かないようにしています。猫が来てからのウサギさん状態は、食が細くなったり、ウンチが小さくなることも、足ダンする事も無かったので何とか猫とも上手く過ごせているかな、と思っていました。しかし、10月に入って突如ウサギさんがオシッコを床でするようになりました。過去に一度だけオシッコの失敗はありましたが…ここ1ヶ月で3~4回、へやんぽ中に部屋の隅でやらかしてしまいました。オシッコの失敗の原因はやはり猫かなと思います…しかし、へやんぽ中のウサギさんの様子を見ていると、猫のケ-ジ横で箱座りではなく脚を伸ばした状態で座っていたり、ゴロンしたりしています。耳も倒れています。しかも毛繕いも猫のケ-ジのすぐ横でやっています。一見リラックス状態(?)のウサギさんを見ると本当に猫がストレスなのか?オシッコの失敗の原因は他にあるのかな?と思うようになりました。へやんぽの時間は多少のズレはありますが、夜2時間ほどです。猫が来る前は3~4時間でした。私が休みの日は昼間も2時間ほどへやんぽさせていました。それは今でも変わってないです。オシッコのミスの原因が猫に対してのストレスなのかハッキリしなくってなかなかしばらく様子見かなと思っていますが、今後の生活でここに注意しておいた方が良いというようなアドバイスがあれば是非お願いします。(一部中略)

猫はうさぎにとって、本来ならば捕食する生き物でもあります。危険と察知することが続くことで、大きなストレスにも繋がることがあります。もちろん中には仲の良い様子を見せるケースも少なくないようですが、それぞれの個体事の性格などにもよることなのです。今回の場合は、お迎えした直後とは違って落ち着いた様子をうさぎさんが見せてくれているようです。また与えている環境にも気を配っていらっしゃいますので、今ある状況をお互いが理解してきていると考えられるようです。おしっこの失敗が見られるようになったということには、うさぎさんの取り巻く状況に変化が見られていることなども関係しているのではないかと思います。大人になることで縄張り意識なども芽生えてきます。これまではそそうがなかったということでも、成長を重ねたことと、現状が理解できたこと、そして猫ちゃんも成長してきていることがありますので、自分の存在の印をつける意味で見られている可能性もあると思います。ケージの中でのトイレの使い方に変化がないならば、トイレの場所がわからなくなったということよりは、行動範囲を共有している室内に自分の形跡を付けているとも解釈ができるのではないでしょうか。おしっこを失敗することが全て猫ちゃんに対してのストレスからかといわれると、普段過ごしている様子からはあまり感じられないような印象も確かにあります。うさぎさんがへやんぽの際の動向はもちろんですが、猫ちゃんの場合もよく探ってみていただきたいと思います。それぞれがどういった行動を見せているのかを探っていただくことで、何らかの原因が見えてくるかもしれません。また毎回見られている様子ではないとも感じられる文面ですので、この違いの差がどこにあるのかも、観察いただくことで見えてくることがあると思います。他の動物との生活にはお互いの相性などのほか、与えている環境などによってもそれぞれの行動に変化が起きると思います。まだまだ試行錯誤していただくことにはなると思いますが、うさぎさんと猫ちゃん、そして飼い主さんもストレスなく過ごすことができる環境を見つけていただきたいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ