• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 寒さ対策 > 夕方になると木製ハウスの上で過ごす
寒さ対策

夕方になると木製ハウスの上で過ごす

昨年の10月生まれのアメリカンファジーロップイヤーを飼っています。我が家では、寒さ対策としてチモシーの座布団と、ヒーターを使っていて、木製ハウスの下にヒーターを敷き、そのハウスの前に座布団を敷いています。うちの子はハウスの屋根の上が大好きで、寒い部屋の中ヒーターではなくいつもハウスの屋根の上にいます。私が家に居ない昼間などはハウスに良く入って寝ていますが、夕方近くなるとハウスに入らず屋根の上で丸まっていて寒いようです。スナッフルの初期症状らしきものも見受けられます。このような場合レイアウトを変えたりなどした方が良いのでしょうか。屋根の上に座布団を敷いたら居心地が悪いようで今度は床に寝そべるようになってしまいました……。ちなみに夜寝る際はケージにカバーを掛けて隙間風を防止しています。何か方法がありましたら教えて下さい。

木製ハウスの屋根の部分もとてもお気に入りの場所のようです。寒さ対策としてヒーターや座布団を取り入れていても、夕方はその場所では過ごさずに屋根の上にいるということは、その時はその場所に居たいということです。飼い主さんが居ない日中はハウスに入って寝ているということですから、うさぎさんにとって与えられた環境によって過ごす場所を変えているともいえるのではないでしょうか。夕方からは飼い主さんも在宅ということであれば、室内の温度や湿度なども不在の時とは違っていることも予測できます。そういった変化があれば、それぞれの環境の中で一番過ごしやすいところを選んでいるともいえるようです。飼い主さんが在宅中に屋根に座布団を敷くことで屋根で過ごさない、またハウスの中にも入らないということですから、室温が快適な状態でもあると解釈できる部分もあると思います。また飼い主さんの存在を目に見えるところで感じていたいということもあるのかもしれません。ちゃんと見ててねという言葉ということもあると思います。ハウスの屋根の上で寒そうにしていると感じられる様子がありますので、うさぎさんが過ごしているケージ周りの環境を今一度確認していただくことは必要だと思います。ケージの中のどの場所で過ごすのかということは、うさぎさんが選んでいることでもあります。ケージ内の環境に加えて、その周りの状態も把握していただくことで、寒さ対策が必要かどうか、またケージの外からできる寒さ対策も行っていただくことが必要になってくると思います。ハウスの屋根の上や木製の素材が好きという様子があるならば、ケージ内の用品で直接暖を取るということではなく、うさぎさん自体が暖かくなるようにマイカヒーターなどを取り入れていただくこともお勧め致します。そしてスナッフルの症状も見られている様子があるようですので、このサインを受け止めていただいて、かかりつけの獣医師に早めに診ていただきましょう。

マイカヒーター紹介ページ
http://www.rabbittail.com/cart/detail.asp?PID=110&ID=55

マイページでもマイカヒーターを紹介しています!
http://www.hibishippo.jp/archives/1802521.html

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ