• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 暑さ対策 > 室温の管理について
暑さ対策

室温の管理について

「病院」と「飼育環境」についてご相談に乗っていただきたいのですが、現在一歳のホーランドロップの男の子と暮らしています。夏場の我が家ではケージが24~26度になるように除湿冷房をかけ、保冷剤も常においている環境なのですが、かかりつけの病院(家から近くてうさぎさんを看れて比較的人気のある病院です)の温度が夏は28度設定なのです。キャリーバッグに保冷材を入れて行ったとしても、経験したことのない温度+待合時間も長いので、具合が悪くなった時その病院に連れていくべきか、若干遠くても他の病院に連れていくべきか悩んでいます。病院にも言ってみようと思ってますが、うちの子だけのために温度を下げてくれるとは思えません。今現在具合が悪いとかではないのですが、その時になって急にうろたえては困るので考えておいたほうがいいと思いまして...。飼い始めから温度については頭を悩ませています。うさぎさんに合わせているので室内は夏も冬も人間は寒いです。それは我慢するとしても、過保護にしすぎてうさぎさん自体が弱い子になってしまわないかが心配です。28度の病院に普通に通ってるうさぎさんも多いと思います。もし計画停電があったら、、災害があったら、、と考えるともう少し温度に対しての耐性があった方がいいのでは?と考えてしまいます。まとまりがなくなってしまいましたが、ご意見頂けると助かります。よろしくお願いします。

うさぎさんが快適に過ごすことができる環境を考えていただくことは、とても大切なことなのだと思います。節電といわれていることですが、人間に合わせた環境では、うさぎさんにとって少々過酷な環境となってしまう場合もありますので、よりよい環境を与えてあげられるように考えていただくことは、とても大切なことなのだと思います。また、室温に合わせて湿度にも気を配っていただくことが重要だと思います。室温については、15℃位から25℃、26℃位までが許容範囲とされていますが、繁殖時や病気の時などは23℃位に保つ事がよりよいようです。湿度は40~60%が理想といえますから、この範囲であるのかということも確認していただくとよいでしょう。うさぎさんに快適な環境を与えることは、決して過保護にしているということではありませんので、自信をもっていただきたいと思います。万が一の環境の変化があったとき、どう対応するかということを事前に考えておくことができていればよいのですからね。また病院の環境については、獣医師ごとでも見解の違いなどもありますので、難しいところでもあると思います。ただ、かかりつけの獣医師であるということならば、不安や疑問なども積極的にぶつけてみてよいのではないでしょうか。大事な家族のためのことですから、親身になってくれている獣医師であれば意見を受け止めてくれることだと思います。獣医師の意見なども聞くことができるでしょうから、その答えが納得のいくものであれば、安心して診ていただけるという環境になるのではないでしょうか。もちろん、どうしても心配だという場合には、より自分と同じ考えをもつ獣医師に診ていただくということの判断も、ひとつの選択なのだと思います。家族を診ていただくための病院ですので、飼い主さんが心から信頼して診ていただくという環境が一番なのですからね。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

  • 幕張新都心店043-441-7307

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ