• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 寒さ対策 > ヒーターを避けてしまう場合の良い案は?
寒さ対策

ヒーターを避けてしまう場合の良い案は?

いつもお世話になっております。最近寒くなってきたので寒さ対策としてうさぎのゆたんぽを使ってみたのですが、かじり癖があるため布を噛んでしまい使えません。なのでほっとヒーターに変えた所、今度は乗ってくれません。むしろ避けるようにスノコで横になっています。どうしたら良いのでしょうか?ヒーターを避けるのは暑いからで必要がないのであれば撤去しようと思うのですが夜はかなり冷えるので困ってます。何か良い案があれば教えて頂ければありがたいです。

寒さ対策で取り入れる用品にカバーなどが必要な場合、そのカバーを齧ることがないかを見守っていただくことが必要になってきます。今回のうさぎさんの場合、この布を齧ってしまうということですので、取り除いていただいたことは適切な対応といえるでしょう。まだまだ寒さも厳しいですから、暖をとることができるものを与えてあげたいというお気持ちも大変よくわかりますので、カバーのいらないヒーターをなんとか使ってくれるですと、夜も心配せずにいられるのですよね。ヒーターなどは人工的な素材のものでもありますので、うさぎさんにとってあまり馴染みのないものでもあるのだと思います。使い始めはなかなかそれが暖かいものだと認識してもらえずに、見向きもしない場合も少なくないようなのです。ヒーターが暖かいものだと認識してさえくれれば、寒いとうさぎさんが感じた時に使ってくれるはずですので、まずはヒーターに対しての警戒心をなくしてもらうことや、上に乗ってもらう、触れてもらうということを考えていただくとよいのだと思います。ヒーターを牧草やわらの座ぶとんなどでカモフラージュして、上に乗ったり、手足が触れることを誘導してみることもできると思います。また効果は弱くなってしまいますが、ケージの側面に立てかけていただく使い方もあります。この場合には倒れてこないように工夫して取り付けていただくことが必要ですが、直接乗らずとも側に寄ることで暖かさを感じてもらえる環境になります。同様に、ケージのすのこの下の空間に入れることでも、うさぎさんの足元からやんわりとした暖かさを得ることもできるといえます。ケージに寒さよけの布などを取り入れていただければ、その中の温度がケージの外とは違って、穏やかな違いではありますが暖かくなることでもあります。そして、うさぎさんの体温は私たちよりも高いですので、この点を利用することもよいと思います。ケージの中にハウスなどを取り入れていただくことで、この中に入ることを見せるならば、自分の体温で暖まることができる環境になります。今回のうさぎさんの場合には、齧っても心配のない木製やわらなどの素材のハウスが適していますので、うさぎさんの好みに合いそうなものを選んで与えてみていただくことも、寒さ対策のひとつとなります。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ