トップ > うさぎの飼い方Q&A > 他の動物との生活 > 1週間前から犬を飼い始めました
他の動物との生活

1週間前から犬を飼い始めました

つい先日(約1週間前)から生後8週間のポメラニアンを飼いはじめました。家にはすでに約9ヶ月のアメファジがいるのですが、犬がまだ小さいうちは大丈夫かと思い犬を飼ってしまいました。犬を飼いだしてから最近うさぎの様子が変わってしまい、今までそんなに私の周りに常にいなかったのに、最近では私の周りをくるくる周り、膝の上に積極的に乗ってきたりしてかわいいなぁと思う半面、歩き出すと付いて来て、それは今までとなんだ変わりないのですが、最近よじ登る感じにしがみ付いてきて、私の太ももに噛み付いてきます。また、ケージから出したとたん走って私の腕を噛み出し、しがみ付いて、痙攣したように体を震わせていました。こんな行動は始めてで、噛むことなんて一切なかったのにどうなってしまったのでしょうか?なぜ噛むようになったのでしょうか…?やはり犬にストレスを感じているのでしょうか?犬もうさぎも基本的にはケージに入れたまにうさぎと犬を一緒に出すこともあります…仲良くなって欲しいと思ってなんですが…一緒に出すと犬が興味深々で追いかけて、うさぎは逃げてる状況です。

うさぎさんがいる環境に、新たにわんちゃんがお迎えされたという状況ですので、うさぎさんも自分の縄張りを主張することに必死でもあると思います。うさぎは、自分のテリトリーを侵さないとわかれば、かなり友好的に生活します。どちらかといえば無関心な場合が多いかもしれません。ですが今回のようにうさぎのテリトリー(縄張り)に犬が入ってきた場合には、うさぎは自分のテリトリーを守ろうとして、においつけなどの縄張りを主張する行動をとることでもあるでしょう。飼い主さんに対して、マウンティングのような行動を見せることにも、同様の意味があります。独り占めしたいという気持ちもそうですし、自分の優位性も示していることと解釈できると思います。その行為がエスカレートしてしまうことで、噛んでしまうという連鎖が見られているのではないでしょうか。この時興奮状態でもあるでしょうから、この興奮を止めてあげるということが重要になってくると思います。できることならば、うさぎと犬の縄張りを別々にしてあげることがよいのだと思います。それぞれを部屋に放して遊ばせる時も、お互いの姿を見ずにすむような環境が望ましいことではないでしょうか。もちろん、姿は見えなくとも、においで相手の存在はわかることでしょうが、この縄張りの中ではあなたが一番強いのだということを伝えることができるのだと思います。またうさぎの前で、犬にえさを与える事や、触れて遊んでいるような場面を見せないことも大切です。うさぎは記憶力がよく、なおかつ結構根に持つタイプです。いたずらに不快に感じさせない方が、飼い主さんとの関係がよい状態でいられることと思います。時間がたてば、犬が自分の仲間だと思ってくれるはずですので、ゆっくり時間を与えてあげることが大切です。ちなみに、犬が完全に飼い主さんと主従関係を作るまでは、うさぎと犬を逢わせるときには、注意が必要です。犬は遊ぶつもりでうさぎに覆いかかっても、うさぎがそう思わなく、すさまじい悲鳴をあげて、それ以後長い間、飼い主さんにも警戒するようになった子がいますので、気をつけていただきたいと思います。うさぎと犬の関係性は、捕食される動物と、捕食する側の動物だという考えを頭に置いておくということも大事なのだと思います。うさぎと犬の関係性ができあがるまでは、犬に追いかけられることがストレス以外のなにものでもないということを、認識していただくことも重要です。それでもうさ飼いさんの中にも、わんちゃんと同居されているご家族もたくさんいらっしゃいます。本当に仲良くなっている子たちもいますので、なによりも焦らずにゆっくりと時間をかけながら、関係を作ってあげていただきたいと思います。うさぎさん、わんちゃんそれぞれの性格などにもよることですので、それぞれの個性もしっかり見ていただきながら、お互いがストレスなく楽しく過ごすことができる環境を与えていただきたいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 尾山台店03-5752-1657

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ