• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 体重管理 > 体重管理について
体重管理

体重管理について

いつも大変お世話になっております。6ヶ月のネザーの男の子の体重管理についてお伺いいたします。ペレットの食べ放題の時には、だいたい一日15ccのスプーンで2杯分位の量を食べていたので、牧草食べ放題に切り替えてからはスプーン3杯のみを与え、栄養を多く取りすぎないように気をつけていました。ですが…1000gをすぎ、毎日すくすくと…。今では1055gという状態です。夏バテをするよりずっと良いとは思うのですが、このまま体重が増えてしまわないか心配です。現状の体重では重すぎでしょうか?また、ペレットの量も多すぎでしょうか?運動は毎日欠かさず20分程度の部屋んぽをさせており、元気に走り回っています。体重は遺伝によるものが多いともお聞きするのですが、お父さんやお母さんまたその先を辿ってもほとんどが2000g位でした…。どうぞアドバイスをよろしくお願いいたします。

6ヶ月という月齢ですので、大人うさぎさんといえると思います。この年齢であれば、ペレットの量を適量に制限してあげることが必要な時期を向かえているといえると思います。与えるペレットの量を換算する時、体重の3%程度の量が一日量の目安となります。ポイントは換算するための体重になるといえるでしょう。品種による標準体重のほか、その子ごとの適正体重というものがあるのです。個体差のあることですから、同じネザーの子であっても、小さい子もいれば大きな子もいますので、それぞれの適正体重からペレット量を換算していただくことがよいのです。うさぎさんの骨格や肉付きから、ベストとなる体重がある程度見えてきます。専門店や獣医師に、一度この適正体重がどのぐらいなのか、見ていただくとよいと思います。体格は遺伝によることも多いですので、このうさぎさんの血統が、体が大きくなるようでれば、今の体重でもまだ成長途中といえるでしょうし、そうではなく、実はもうベストといえる体重だということなどもわかってくると思います。適正体重がわかった時点で、そこで改めてペレットの量を見極めていただきたいと思います。また、ペレットの成分なども確認していただくこともよいでしょう。体重を増やせないけれど食欲があって困るという時には、子うさぎ用のペレットから大人用のペレットに切り替えるという方法もあります。この場合には、急激に換えることのないように、新しく与えるペレットを徐々に混ぜ、その割合を増やしていきながら、時間をかけて最終的に切り替わるように与えていただきたいのです。そして、ペレットだけではなく、ご褒美などであたえているおやつなどもしっかり制限してあげることが必要ですので、食事内容全体を見直してみていただきたいと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ