• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > うさぎの飼い方Q&A > 暑さ対策 > 外出時の環境
暑さ対策

外出時の環境

いつもお世話になっております。暑い日が続き人間もうさぎもすでにバテ気味状態です。質問なんですが、外出の時は常にエアコンを入れて出かけてました。しかし計画停電・節電と言われてる今、午前中からエアコンをかけっぱなしにしてるのが心痛いのが現状です。以前、お世話になった病院では30℃越えるとうさぎは死んでしまう恐れがあると聞きまして夏は本当に気をつけてました。今飼ってるのはミニレッキス ♂ 1歳です。やはりエアコンに頼るしかないのでしょうか?買い物やなにやらで家を留守する時が心配です。実際、どのくらいの暑さまで耐えれるのしょか?何か対処法ありましたら教えてくだい。お願いします。

うさぎさんにあった飼育環境の温度は、15℃位から25℃、26℃位までが許容範囲とされています。繁殖時や病気の時などは23℃位に保つ事がよりよいようで、湿度は常に40~60%が理想といえます。今年は節電の最中ですので、エアコンの設定温度もいつもより上げる状況となっていることだと思います。うさぎさんと一緒に過ごしている場合であれば、室温や湿度を見ながらエアコンの設定を微調整してみたり、窓を開けるなどして風を取り込んだりできることなのだと思います。お留守番の場合には、その環境をどう安定させるのかということに、頭を悩ませてしまうことなのだと思います。お出かけする時には窓も閉めていかなければいけませんし、そうなるとより室温も上昇するでしょうから、やはりエアコンは必需品となるのだと思います。それでもエアコンだけに頼るのではなく、うさぎさんのケージの中やその周りなどでも、暑さ対策を取り入れていただけることと思います。保冷材などやクールボードや大理石など、様々の暑さ対策用品があります。これらを取り入れていただくことで、室温の管理に付け加えて、うさぎさんにより近い周辺での対策もできることなのだと思います。また、室外でも対策ができることでしょう。グリーンカーテンや遮光スクリーン、すだれなどを窓周りに取り入れていただくことで、窓から侵入する熱を遮断できる環境を作ることができます。また、窓にフィルムを貼ることや、遮熱カーテンなどでも効果がありますので、できる対策を取っていただきながら、エアコンや扇風機なども上手に取り入れていただくことでよいのではないでしょうか。そして、何℃までならうさぎは耐えられるのかということは、断定できることではないのかもしれません。室内だけでなく、室外で飼育されている環境であえば、先ほど申し上げた温度や湿度を超えている環境で過ごしているうさぎもいることでしょう。それぞれに与えられている環境の中で過ごすことで、その環境に順応しながら生きることができる動物でもあります。ですがそれでも、その環境をより快適なものにしてあげるということが、飼い主さんの役目ともいえるのだと思います。個体差もあることですので、全てのうさぎさんに当てはまることでもありませんので、数字も目安としていただきながら、今まではどういった環境の中で過ごしていたのかということを見極めていただくことが大切です。そしてこれまでとなるべく変化を大きくせずに、それぞれのうさぎさんが快適だと思える環境を考え、与えていただくことが必要なのではないかと思います。

しっぽで購入したうさぎさんについて
  • 横浜店045-762-1232

    恵比寿店03-5774-5443

  • 洗足店03-5726-8670

    柴又店03-6657-9524

  • 吉祥寺店0422-26-6064

    二子玉川店03-3700-3885

  • ヴィーナスフォート店03-6457-1209

    海老名ビナウォーク店046-200-9910

  • グランベリーパーク店042-850-7041

    レイクタウン店048-940-8346

  • 幕張新都心店043-441-7307

通信販売で購入した商品などについて
その他のお問い合わせについて
ページトップへ