トップ > お取り扱い商品 > 書籍 > 飼育書 > うさぎの看取りガイド

うさぎの看取りガイド

1,512(税込)
NEW

我が家のうさちゃんに長生きしてほしい!最後まで幸せでいてほしい!
ウサギとともに幸せな時間を過ごすための「暮らし」と「お別れ」がこの1冊で分かる、田向獣医師が監修したとてもためになる本です。

商品仕様

仕様 単行本(ソフトカバー)
ページ数 159ページ
大きさ 21.2 x 15 x 1.6 cm

ウサギのきもちと病気とその対処法がマルわかり

うさフェスタでもお馴染みの『田向獣医師』の監修

ウサギのきもちと病気とその対処法がマルわかり

我が家のうさちゃんに長生きしてほしい!最後まで幸せでいてほしい!
ウサギとともに幸せな時間を過ごすための「暮らし」と「お別れ」がこの1冊で分かります。
ウサギの平均寿命は約8年。わずか8年と思うかもしれませんが、その一生は人の80年に値します。 高齢のウサギにあらわれる病気には、症状が急変する急性と、ゆるやかな経過をたどる慢性があります。 本書では、どちらかの病気が見つかったときからお別れのときまでを「看取り」の時期としました。 よい終末期を迎えられるように、健康チェック、毎日のケア、快適な住環境、病気のサイン、 最期の迎え方などを解説しています(はじめにより抜粋)。

看取りケアが必要になったウザギの、食事、運動、排泄、お手入れといった日々の暮らしのサポートから病気、介護の対処方法から、臨終前後のことについて詳しく図解。飼い主は何をしてあげたらいいのか、そして飼い主の心のケアも含め、やるべきことが分かる、後悔しないための指南書を目指しています。

  • 第1章 知っておきたいウサギの一生
  • 第2章 自宅で行う看取りケア
  • 第3章 行動から病気を読み取る
  • 第4章 終末期のウサギに多い病気とケア
  • 第5章 臨終前後にしてあげられること
  • 第6章 スピリチュアルペインを癒す

著者について
  • 田向健一(たむかい・けんいち)
  • 田園調布動物病院院長
  • 1973年、愛知県大府市生まれ、麻布大学獣医学科修了、博士号(獣医学)取得。神奈川、 東京の動物病院勤務を経て、2003年に東京都大田区に田園調布動物病院を開院。 どんな動物も診る獣医界の総合格闘家でありたいと、犬猫からウサギ、爬虫類などオールペットの診療を行う。 併せてペット飼育や獣医療に関する様々な知識を一般書・専門書・論文などで多数発表し続けている。 ペットがいて、その左右に飼い主、獣医師がそれを 支えている構図の社会になるよう模索しているとのこと。 趣味はお酒、自然活動(登山、トレッキング、釣り)、そして多数の動物を飼育中。

この商品を買った方がご購入されている商品

カスタマーレビュー

おすすめ度

(0件のカスタマーレビュー)

あなたの意見や感想を教えて下さい。

ページトップへ