• 0
    カート
  • ようこそゲスト様 ログイン
トップ > 飼育講座 > 第3回 ご長寿うさぎ! 導入

2016年06月14日 掲載

第3回 ご長寿うさぎ! 導入

店長の飼育講座

町田店長うさちゃんは、日本人にとって身近であって、意外と知らなかった動物の一つだと思います。昔から、小学校等にいたのにその生態や飼い方があまり知られていません。
その為に間違った飼い方がされることも多いのではないかと思います。
例えば「兎は水を飲むと死んでしまう」。だから、水を与えない等ですね。

この講義を全て読んでもらった後、「うさちゃんを正しく飼う、飼育する」ではなく「うさちゃんと楽しく生活する」に変われるようになればいいなと思っています。

町田 修

第3回 ご長寿うさぎ! 導入
目指せ!ご長寿うさぎ

うさぎのしっぽも今年で12年目に突入します。開店した頃は、「うさちゃんてどんな動物?」、「子供の時の注意点は?」という相談が多かったのですが、今では高齢うさちゃんの相談へと替わり、時代の流れを感じます。うさちゃんの寿命はいろいろな説があるようですが、実感として7~8歳位ではないでしょうか。短くて寂しいと感じる方が多いと思いますが、それぞれの動物には寿命があり、その寿命を精一杯生きることが素晴らしい事だと思います。寿命までの貴重な時間をうさちゃんと一緒に楽しく、素敵に過ごすことが大切ではないでしょうか。最近は、うさちゃんを診察できる獣医師が多くなり、栄養価のバランスを考えたフードやサプリメントも増え、長生きをする子が多くなっているような気がします。今回は、みなさんのニーズにも応えようと「シニアライフ」の特集をしました。今後の参考にして頂ければうれしく思います。「今はまだ子供!」と言う飼い主の皆さんも是非読んでみて下さいね!

高齢うさちゃんって?

目指せ!ご長寿うさぎ人間でもお年寄りって何歳からって聞かれると答えられないのと同じように、うさちゃんもここから高齢ですという年齢はありません。とりわけ個体差が著しいうさちゃんは、一匹ずつみんな違います。ここで皆さんにお願いしたいことは、うさちゃんの行動面(体)での変化を見られるようになる事とその変化に一喜一憂する事なく冷静に対応してあげて欲しいという事です。心配してあげる事はとても大切ですが、心配しすぎる事はうさちゃんに大きな負担をかける事にもなるのです。うさちゃんは、飼い主さんの気持ちを理解できるのではないかと思うことが良くあります。きっといつも飼い主さんの事を見ているし、気にしているのだと思います。

実は、高齢うさちゃんについて考えることは、今、目の前にいるうさちゃんの生活をそのまま考えることにもつながるんです。「愛おしい気持ち」、「見守る気持ちで」、「感謝する気持ち」でうさちゃんと接するといろいろな事が見えてくると思います。

ここでは先ず、高齢うさちゃんに起きる体や行動の変化、飼い主さんにお願いしたい心の持ち方、食生活をどんなふうに考えればいいか、そして、どんな住環境を考えればいいかを説明していきます。

<<前に  次へ>>

ページトップへ